フラックスオイルを酸化から守る

フラックスオイルは酸化しやすいので、保存方法に注意しなければなりません。

フラックスオイルを食べてえぐみや苦味を感じたら、酸化が進んでいる可能性があります。


オリーブオイルなどと比べれば元々クセがある油ではありますが、酸化するとより食べにくくなって食事が美味しくなくなります。


開封した途端に空気に触れるので酸化が始まります。


開封後1ヶ月間は酸化による悪影響は出ないとされるので、できるだけ早く食べ終わるようにします。フラックスオイルに含まれるαリノレン酸は50度以上になると変質するため、加熱しないで食べるのが良いです。



炒め物を作る時の油として使うといったことができません。ドレッシングを作ってサラダと食べるなど食べ方が限られてしまいます。

NAVERまとめが一般的になってきました。

毎日大量に使うのは難しいので、購入する時は早めに使い切れるように小さめの容器を選びます。



酸化は日光に当たることでも早まるため、使った後はすぐに暗い場所に移動させます。

温度は40度以下に保つ必要があるので、夏場は冷暗所に保管します。

酸化してしまったフラックスオイルを使ったからといってすぐに体調を壊すわけではありません。
しかしフラックスオイルを口にする人の多くが、オメガ3脂肪酸が与える良い影響を期待しています。


酸化するとアレルギー反応を抑制するといった効能が弱まってしまい、期待する効果を感じられない可能性が高いです。
油はできるだけ新鮮な状態で使うのが健康につながります。